相談者
人前で緊張すると
どこを読んでるのか
分からなくなるんです…
丸山
読みやすい台本を作ると
安心ですよ♪

読み間違えないためには
読みやすい台本を作るべし!

というわけで、今回は「緊張しても読みやすい台本の作り方」を紹介します。

ちょうどクライアントさんからナレーション用の台本が届いたところです。

「使用OK!」と快諾をいただいたので、実際の台本での作業を見せながら進めますね♪

▼今回の台本で仕上がった動画

黙読して全体を把握する

まずは黙読をしましょう。
声は出さず目だけで全部読みます。

どんなことが書かれているのか?
黙読をして全体像を把握します。


実際にいただいた台本の一部です。

文字数は全部で約700文字。
だいたい2分くらいの動画に入れるナレーションのセリフが書かれています。

読みやすい形に修正する

黙読が終わったら台本を修正します。
自分が読みやすい形に書きかえます。

今回はWordを使います。

ちょっと余談ですが…

最近の台本は、WordかExcelかパワーポイントのデータなので、パソコンで修正できてとっても楽です。

15年ほど前までは、印刷した紙でもらうのが普通でした。

つまり、修正作業は手書きでしていたんです。よく手が攣ってたなぁ…(笑)

修正例① 書体

読みやすい書体に変更します。

台本の多くが「MS明朝」や「MSゴシック」という書体で書かれています。

ビジネス文章用として人気が高い書体で、少し角ばった字になります。

好みによりますが…
私は、角ばった字を見ていると余計に緊張するので丸みのある書体に変更しています。

↑書体の影響力はスゴイ!
見た目の雰囲気がガラリと変わります。

人前で話すときに読むならば、緊張を高める書体で書かれた台本か?心がホッとする台本か?

わずか数秒でできる作業です。
緊張がやわらぐ書体に変更しましょう。

修正例② 大きさを変える

文字の大きさも重要です。

例えば、Wordを使って書いた台本は10.5ポイントのことが多いです。
(ポイント=文字の大きさを表す単位)

Wordの文字は基本的に10.5ポイントで設定されています。おそらく、基本設定のまま使う人が多いので、いただく台本のほとんどが10.5ポイントで仕上がっているのでしょう。

私たちが台本を必要としている理由は、黙読のためではなく、声に出して読むためです。

読みやすい台本を作るためには、字の大きさを知っておくと便利です。

印刷すると一目瞭然!

10.5ポイントの他にもいくつか字の大きさを変えて台本を作り印刷しましょう。読みやすい大きさを探ってみてください。

↑オススメは12~16ポイント。

10.5ポイントは、どこを読んでいるのか見失うことが多いので12ポイント以上を愛用しています。
最大は16ポイントまで使います。

台本の量や難易度によって使い分けています。

修正例③ 読みやすく改行

読みやすい位置で改行しましょう。

実際に声を出すと判断しやすいです。
目で読むのと、声に出すのは別モノ!
言いやすい位置で改行します。


改行すると読みやすくなりますよね!

修正例④ 書きかえる

違和感を感じる言葉を書きかえます。

例えば、下の図のように、同じ言葉が連続して登場する場合は…

下の言葉を書きかえてみました。

同じ言葉が連続しないように、簡単な言葉で良いので書きかえます。

目で読むだけでなく声に出すと、違和感にも気づきやすくなります。

「声を出して確認する」を徹底しよう!

台本は、声を出して読むために作るものです。黙読用ではありません。

だからこそ、声を出して読みましょう。

今回は、動画に入れるナレーション用の台本を例に紹介しましたが、商談などのプレゼンでも、式典の挨拶やスピーチなどでも同じ。

書いただけで満足しちゃダメ★

声を出して読むための台本ですから
必ず声を出しながら作りましょう。

丸山
動画では収録風景も公開♪

私は、人前で緊張するとどもったり噛んだりしやすいタイプです。
だからこそ、事前に修正できる場合は、台本を読みやすい形に作り直して、スラスラ話せるようにしています。

…実際のMCでは、その場で台本をもらうこともあるので、全部が全部事前に準備できるわけではありませんが、今回紹介した方法が、私の基本中の基本の台本の作り方です。

緊張しながらも頑張る人のお役に立てたら嬉しいです。

限定企画あり|無料コミュニティ「We are シャベリーズ」

◆緊張しいだけど喋れるようになりたい
◆人前で堂々と話せるようになりたい
◆何度も失敗してきたけどやっぱり話せるようになりたい

プレゼン・スピーチ・司会進行・営業・接客など
対面で話す能力を高めたい人のためのグループです。

グループ名「シャベリーズ」の意味

まずは喋れるように
そして話せるように
同じ想いの人が集まり仲間になる

そういう意味を込めてシャベリーズと名づけました。

参加方法

コチラの「グループに参加」をクリック
↓   ↓   ↓    ↓ 
アンケートに答えて承認をお待ちください。
承認されたら完了!無料で参加できます。

※参加にはFacebookアカウントが必要です。
※見るからに怪しいアカウントの場合
承認できませんのでご了承ください。

グループ限定の企画も

「緊張を感じさせない話し方」の情報はもちろん
グループ限定のライブ動画配信やプレゼントなど
TwitterやYouTubeでは公開していない内容も…♪

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事